人気ブログランキング |
プリプエママ再生PGM
1日おきに 調子が悪い気がします。
そして なぜか 眠れないのであります。

全然 寝ていないわけではないのですが・・・
11時頃 すんなり寝入れて あ~~~ 良く寝たと思ったら まだ2時とか・・・

それから 眠れなくなったり・・・
はたまた 全然眠くなくて 3時頃まで起きているとか・・・

なので 睡眠時間 いと短し・・・
なのに というか だから?テンション高い 疲れない・・・

そして お尻痛くないじゃん! と言う日もあれば 座っているのもつらい日もある。
進歩しているんだか なんだかわからん。。。

辛い辛い辛い・・・とパパにメールしてしまう日もある。
友達に電話しようかなと思っても なんだかグチグチしそうで そこまで至らない。

でも 昨日は パパと一緒に 思い切って 電車に乗って出かけてみた。
出来るじゃん プリプエママ!

でもね やっぱり 右足の筋力落ちてるせいか なんか歩く時 おかしくて 左に重心かかってて 右足が長い感じ だから 変な歩き方? 右足首とかが 痛くなったり・・・
帰宅して さぞ疲れて昼寝するかなと思ったら なんか テンション上がって来て まあ 昨日はいろいろはかどりました。

ゆっくり 録画した物も観たいけど なんかゆっくり座っていられなくて 落ち着かない。
今も 腰も痛いし 落ち着かないから ブログやっている始末。

先週 マッサージ師さんには プリプエママの性格をずばり言い当てられた。
たかが 2回通っただけなのに。

焦ってるって。
大変なことがあったんだから 今は頑張る時じゃないって。

いろんなこと言われて リラックスしたのか 涙も出ちゃった。
最近わかったこと リラックスしないと 涙も出ない。。。

そして 昨日は 病院の診断書が届いたので ずっと気になっていた主治医、看護師、化学療法スタッフの方へ 手紙を書いた。
本当は 病院へ行って 診断書もらいがてら お礼を言いたかったけど パパが郵送で送ってもらうことにしてくれたし 正直 病院行くと いろいろ思い出しそうで 怖い。

手紙書きながら やっぱり ボロボロ泣いてしまった。
そして 日本対がん協会関係の方へも メールした。

今日返信が来て 癌について 良くご存じの方で やっぱり転移すると 癌はどうすることも出来ないのだなと 改めて悟った。
プリプエおばあちゃんは 症例の少ない 尿路上皮癌。

手術時には 既に 近くのリンパ節に転移していた。
そして 近くのリンパ管にも。

だから 延命の抗がん剤を行った。
でも 最終的に 肺と肝臓にも転移してしまった。

抗がん剤が 効いた時もあった。
でも ずっとは効かなかった。

最終的な5種類目の抗がん剤は 間質性肺炎を起こし 命を少し縮めてしまった。
いずれにしても 肺に転移していたから そんなに長い命ではなかったとは思うけれど 本人も私も 退院するつもりで 抗がん剤を受けていた。

でも プリプエおばあちゃんは 何か感じていたんだろうと思う節が 今考えるといくつかある。
12月25日の誕生日の2日後に逝くよ・・・って言ったけど 確かに26日になったら 容体が悪くなった。

入院前にも 「この子にまだ 言っておかなければいけないことが 沢山あるんです。」と先生に訴えていた。
先生も 私も 「何言ってるの?」みたいに その時は思っていたけど・・・

そして 抗がん剤を受ける前日も 「ちょっと考えたい。」と先生に言ったそうだ。
抗がん剤の副作用で 食事がなかなか摂れなくて元気が出なかった頃 声も出なかった。

だから いっぱい喋りたかったのに 喋れなかった。
でも 「何か 私に言いたいことある?」と聞いたら 「いっぱいいっぱいありがとう。」と言ってくれた。

肺炎で呼吸が苦しくなって モルヒネ系の薬を強くしたら ほとんど寝てしまって 本当にしゃべれなくなってしまった。
だから いつも プリプエママが1人で 話しかけるだけだった。

そして 何度も言った。
「いっぱいいっぱいありがとう。」って・・・

プリプエおばあちゃんは 1年以上前に みんなに宛てた手紙を書いていた。
もちろん プリプエママにも。

プリプエママは プリプエおばあちゃんの 本当の辛さを わかってあげられなかったと思う。
プリプエおばあちゃんは いつも 迷惑かけまいと 一人で出来るだけ頑張って来た。

それが 今になると 良くわかる。
プリプエおばあちゃんの痛みは 今のプリプエママの比較にもならないだろう。

プリプエママのは いつか治るよと言われているけど プリプエおばあちゃんのそれは いつか治ることはないものだったから それをわかっていての治療は 本当に辛かったと思う。
でも いつも プリプエママの事を 心配してくれていた。

だから 最後までお見舞いに来れなかった親せきがお見舞いに行った直後から 血圧が下がった。
きっと 「プリプエママをよろしく。」と これで全員にお願いした と思って ほっとしたんだと思う。

そして 1度帰ったプリプエママ達が 到着するまで 待っていてほしいと その親戚に母に話しかけていてと頼んだところ プリプエおばあちゃんは ちゃんと待っていてくれた。
いつか言っていた 「明るく元気に幸せに過ごしてね。」って・・・

だから 今もきっと プリプエおばあちゃんは プリプエママの事を 心配していると思う。
いつ治るのか先は見えないし 右足の筋力を戻すべくリハビリも もっとリラックスしてからと言われているし 全てが待った状態のプリプエママ。

こういうの すごく苦手なのですが プリプエパパも 「ちょっとずつ良くなってるよ。そのうち眠れるようにもなるし そのうち痛いのも取れる。そんなもんだよ。」って 言ってくれる。
みんな 優しいのに 誰もプリプエママを責めたりしないのに プリプエママ自身が 自分を責めているだけなんだよね。

痛くたって 調子悪かったって まあなんとかなるさそのうち・・・って 思わないと・・・
難しいけど プリプエママ再生PGM いつ本番に乗るのかな? 
by puripuemama | 2014-01-19 21:38 | 徒然日記 | Comments(5)
Commented at 2014-01-20 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-20 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-21 18:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by puripuemama at 2014-01-21 20:04
鍵コメ1,2さん いつもありがとうございます。
何度も 温かいコメント読み返してしまいました。
おかげさまで 今週に入ってから ちょっと前向きになりました。
本当に 親心とは 有難いものですね。
もっともっと 私も親孝行したかったですが・・・
今となっては 病院で 福島のリンゴを入れたアップルパイや プリプエおばあちゃんの実家のクルミを入れたパウンドケーキを 美味しいと言って食べてくれたプリプエおばあちゃんの嬉しそうな顔が思い出されます。
はい まずは焦らずゆっくり 体調を整えて 温かくなったら プリプエおばあちゃんを山梨の地に返してあげたいと思います。
Commented by puripuemama at 2014-01-21 20:12
鍵コメ3さん いつも有力情報 ありがとうございます。
今日マッサージ師に 右の足の方が 硬いです。と言われました。
やっぱり 整形の先生の言うように 痛くてかばい過ぎて 使わなかった→硬くなった→痛くなった という悪循環になってしまったのかも。
かれこれ 痛めて1か月以上 眠れなかったりで ほんと落ち込む日が多かったですが やっと昨日 以前いただいたスイートオレンジのアロマオイルが欲しくて 近所に買いに行けました。
歩き方が おぼつかなくても 歩いた後 いろんなところが痛くても やぱり動かした方が 座っている時 辛くないような気がしました。
そうそう 今になって 大ちゃん達のNHK杯の録画を 観ました。
今ある大ちゃん達は 1日にしてならずなのだと しみじみ思いました。
体調悪い今のプリプエママも嫌いにならず 大事に受け入れて行かなければ・・・
<< 少しずつ復活! 父から母への手紙・・・ >>