プリプエママは ファム オ フォワイエ
プリプエママは 当初 専業主婦を目指していた。
当然 子供もいると思っていたから 勉強見てあげたり 家の事をして プリプエおばあちゃんのように 生きて行くと思っていた。

時代は 変わった。
プリプエママの時代は 結婚したら 大抵仕事を辞めていた。

でも 一部は その後のバブル崩壊の時代にもさしかかって 今でも現役バリバリで 働いている友達もいる。
ごく少数だけどね。

主婦でも サロン的なお教室等 いろいろ展開されて 常に上を目指す人もいる。
カメラの先生みたいにね。

プリプエママも 時間もあるし なんでもやればいいのかもしれないけど やっぱりいろんな性分とか あるのかな?
でも 見ていると 最後は 体力勝負って 感じ。

段々 40代過ぎて 体がきつくなって でも やらなきゃ感があって 高みを目指して どんどんきつくなって・・・
楽しかったはずが 辛い感が 強くなってもね。

外に出て 仕事バリバリもいいけど やっぱり体にはきついよね。
主婦 誰かやってくれればいいけどね。

で なんだか プリプエママは ほどほどの生活になってしまった。
どんどん パート時間も減ってるし(前は 週4日働いていたこともあるのに(笑))

てなわけで 基本専業主婦ですが 無理のない程度に ボケ防止も兼ねて公文と お花の仕事をやって行こうと思います。
専業主婦って言っても 段々 手抜いてますが(笑)

昨日は いろいろ頑張りましたが 夜また1冊本も読み終わりました。
d0129796_10404047.jpg

林真理子さんも 本当にタフですよね。
まあ お手伝いさん いるみたいですけど。

そうそう 公文の先生も すごいなと思ったら やっぱりお手伝いさんが いらっしゃいました。
プリプエママ宅には いないので(笑)(ベルギーの時は 掃除婦さんいたけど)なので ほどほどにやって行こうと思います。
[PR]
by puripuemama | 2014-04-18 10:43 | 読書 | Comments(0)
<< ヘンデル&モーツアルトを 聴き... フラワーメダル ブルーバージョ... >>